ずっと仲良し❤️

誰にも言えない事をこっそり綴っていこうと思います。

♥夢の時間♥ その2

二人で爆睡して。
早朝。たっくんにキスで起こされました(/ω\*)


そのまま愛の確認作業をして。
確認できたらまた寝る(笑)


そう!たっくんは半休なのです!!


ゆっくり二人で二度寝したところで朝ごはんをたべて。
まだ時間がある♥


また愛の確認作業しちゃう(笑)


たっくんにお仕事の電話がかかってきていて、たっくん茸にイタズラしてみた。
たっくん。ちゃんとお仕事の電話声色も変えずにしていましたよ!


そして電話を切ったたっくんに襲われ♥


結局朝3回もする私達。昨日の夜もしたのにね(^_^;)
愛の確認しないといけないから!!(^_^;)


そんなこんなで先にたっくんを送り出し、私も本来の目的の仕事に(^_^;)


仕事仲間と現地で合流だったので、終わったあとは予想通りの飲み会で。
たっくんにメッセージ送ったら、すかさず返信。


たっくん「電話電話~」


トイレに行くふりしてたっくんと電話でしばしお話し。


たっくん「早くその飲み会終わらせてね。ちゃんと一人で帰るんだよ」
私「うん。でも帰りは途中までは仲間と一緒になるよ」


たっくん「やだやだ!また嫉妬する!!」
私「一応頑張る(^_^;)」


飲み会が終わり、メッセージ見てみると心配してるたっくんのメッセージが沢山。
帰り道は偶然一人で帰れたのでたっくんに報告!


もう家に帰っているたっくんからすぐ電話がきました。


私「電話大丈夫?」
たっくん「だって~、声が聞きたかった。」なんて言ってくれて。


その後新幹線に乗って。


新幹線ではメッセージのやり取り。
いつもたっくんがお風呂に入っている時間帯なのに大丈夫なのかな?って思って聞いたら


たっくん「マリンをお見送りできないから、せめてメッセージしたいと。
マリンが寂しくないようにタイミングはかってメッセージしてる」


私「泣ける。寂しいよ。だんだんまた離れちゃう。一緒にいたいんだ」
たっくん「いつか一緒だから。」
「次のデート。行き先考えようね。 逢えるまでは毎日メッセージとビデオ。電話する。
マリンを寂しくさせないからね。 約束。
マリンを誰より愛しているのは俺だ」


新幹線で私が寂しくなるのを見越して時間合わせてメッセージしてくれて。
何から何まで私の事をよくわかっているたっくん。
そして私が寂しくないように、最善の努力をしてくれる。


世の中にこんな人がいるんだと。
こんなに愛してくれる人がいるんだと。


私、今回のデートでやっぱり更に更に愛が溢れました。
この人を一生愛する。
二人で幸せになる。
いつも二人で笑っていたい。


本当に幸せすぎる二日間でした。
次に逢えるのはまた少し先になるけど。
たっくんが私を寂しくさせないようにしてくれるから頑張れる。


だいすき♥
夢の時間をありがとう!