ずっと仲良し❤️

誰にも言えない事をこっそり綴っていこうと思います。

涙の趣味お泊りデート

9月はたっくんと沢山逢えた。
遠距離とは思えないくらいに逢えた。10月の分まで前倒しで逢えた(;_;)


9月の最後はたっくんと趣味お泊りデート♥
一週間ぶり♥
朝7時30分にお互いに家を出る。


電話でお話しながら目的地に向かう。
たっくんは遠いので高速をつかって、私は下道で。
ちょうど同じ時間に着いた♥
それから趣味の事をゆっくり楽しみました。


仕事がとても大変なたっくんだったけど、この日はとてもいい笑顔で(*´∀`*)
沢山笑って愛し合って・・・。
私泥酔で一部記憶なし(笑)(^_^;)
幸せな時間はあっという間に過ぎ去る。
翌日。あっという間に帰る時間(´;ω;`)


私「次はいつ逢えるかなぁ」
たっくん「確実に逢える日をまず決めよう。」


そして確実に逢える日は決まった。
11月ですけど(;゚Д゚)!


かなり先だな・・・。10月は私の予定がてんこ盛りで逢いにくいのはわかってた。
だけど・・・。やっぱり切ない(;_;)


私「1ヶ月以上も逢えないんだね(;_;) たっくんの温もり忘れちゃうかもしれないね。
たっくんの顔も忘れちゃうかもしれない」


自分で言っておきながら涙が止まらなかった。
そんな私を優しくナデナデしながら


たっくん「忘れないで。10月はさ、何とか少しでも時間取れるときは逢おうよ。マリンを寂しくさせないから。大丈夫!約束する。」


・゜・(ノД`)・゜・


もうすぐバイバイする時間。メソメソしているのが嫌だから話題を変える私。
「これ美味しいね~!」とはしゃいでみたり、涙を見せたくないから後ろ向いて、荷物まとめたり…。(;_;)


たっくんの背中を見たら、カレンダーとにらめっこしている。何とかならないか考えているのがわかる。
その気持ちだけで充分だよ。
(;_;)わかってる。わがまま言わないから。たっくんの仕事も大変だし。
私も仕事詰まってる。


携帯カレンダーを閉じたたっくんは私を気遣って「マリン。大丈夫だから。ちゃんと時間作るよ。仕事の状況も日々変わるからね。ちゃんと逢える。」


話題を変えても変えてもたっくんはこの話しをしてきて。
もうやだ(;_;) せっかく笑顔でいたいのに。
その話をされると自動的に涙が溢れてきてしまう。
こんなの久しぶりだな。最近ずっとそんな事なかったのにな。


1ヶ月ちょっと逢えないからって愛が薄れるなんてことはない。
この先たっくんがもっと遠いところに行ってしまったら、こんなの普通なんだし我慢しないといけない事はわかってるんだ。


でも・・・。これからの1ヶ月を考えると・・・。(;_;)
最後は泣いてばかりの私。ごめんね。




そしていよいよバイバイの時間になった。
たっくんの車に一旦乗り込む私達。
たっくんは私をぎゅーってしながら「マリン。逢えなくて淋しいのは仕方ない。
俺だって寂しい。でもそれで不安にならないで。俺はマリンだけなんだからね。」
私は泣くことしかできず・・・。
何も言えない。何の言葉も浮かんでこない。ただただ頷き泣いた。
たっくんの服がビッショリになるくらいに泣いた。


たっくん「ちゃんと逢えるから!ねっ!隙間時間見つけて必ず逢いに行くからね。」
そう言ってたっくんは私の涙を拭ってくれた。


沢山キスして・・・。バイバイがなかなかできない。
この愛しい人に逢えるのは11月なのかな…。
逢えるかもって期待してダメになるのが怖いから、私の心の中では10月は逢えないということにしておいた。
わかってるんだ。
逢えない事。無茶させることはできない。だから仕方ない。


そして後ろ髪引かれる思いでバイバイ。
最後だけは笑顔でバイバイ。しばらく逢えなくなるんだからね。
笑顔でいないとね!


長いキスをして・・・


たっくんはキスして唇を離すと「もう一回!」と何度も何度もキスしてくれた。
キリがない(*´▽`*)


私は笑って「それじゃあね!電話しながら帰ろう!」
たっくん「うんうん。マリン泣かないで。俺のためにこんなに泣いてくれる人がいるなんて、本当に幸せだよ。ちゃんと考えるからね」
そう言われると結局泣く私。
泣きながら走って自分の車に。


それから右と左に分かれて現実の家に戻っていく。
私達の帰る方向はいつも全く逆だから。
毎回目的地で待ち合わせしても、右と左から来る私達。
同じ景色を見ることはない。
これが遠距離なんだなって思う瞬間。


たっくんは私の車が見えなくなるまで見送ってくれた(;_;) 大好き(;_;)


帰り道の電話はそれなりに明るく楽しく過ごせた。
次確実に逢うときは行き先は温泉にしようかという話になり。
去年も11月にたっくんと温泉一泊したんだったな。
温泉地で昼飲みして、貸切風呂でイチャイチャして。(*´▽`*)
夜は寒空の中、浴衣でそぞろ歩きして・・・。
婚姻届も書いたっけ。
改めて指輪の交換もして。動画に納めた。
あれから1年経ってもこんなにラブラブで♥
相変わらず私は幸せな気持ちのままでいる。


そんな話で盛り上がりながら帰った。


そしてお互いの現実に戻った。


たっくんからメッセ。
たっくん「愛してるよ。マリン」
私「(;_;)充電切れたの(はやっ)。愛してるよ。」
たっくん「寂しい」
私「私も」
たっくん「俺がしんみりしちゃうとマリンがもっと悲しくなるもんね。
あー、でももう逢いたい」
私「たっくんにね、そう言ってもらえて嬉しいよ。逆に言って欲しい。」
たっくん「うんうん。やっぱりさ、我慢できず。逢いたいよ。愛してる。」
私「逢いたいね♥今日は泣いて困らせてごめんね。先を考えたら切なくなっちゃった」
たっくん「俺もさ、すごい切なかったよ。10月大丈夫って思っていたけど、意外に日がないなと。 でもね、本当に1時間でも逢いに行く!」
私「うんうん。そうだよね。私ばっかり辛いんじゃないもんね。 二人で乗り越えようね。私も逢いに行く。」


寝る前におやすみビデオ通話もして。
画面には大好きな人がいる。
こうやって笑顔で話すこともできる。
でも触ることができない(;_;)
同じ事を思ったたっくん。


たっくん「さっきまでいつでもマリンに触れられたのにな。いつだってキスできたのに。もっとしておけばよかったな」


ほんとだね。さっきまであんなに楽しくて笑い合って。沢山キスして愛の確認作業もして。 泥酔してたっくんに甘えまくってたのにな。 でも頑張るよ。 泣かずに過ごすからね。 その代わり、次に逢えた時は沢山愛をちょうだいね。


たっくんは「逢えない期間も寂しいけどさ、俺たち一緒になるんでしょ?だから大丈夫!」


うんっ!二人の気持ちが一緒なら大丈夫!


でも・・・。深海に落ちていたらよろしくです(;´д`)