ずっと仲良し❤️

誰にも言えない事をこっそり綴っていこうと思います。

心の葛藤を振り返る

実はあるブロガーさんがとても心配で。
彼女さんは彼さんを愛している。それは確かなんだと思う。
ただ、罪悪感があるんだと。


どうしたらいいのか彼女さんも迷っている。
そんな苦しいお二人。



そんな話をたっくんに話しました。


私とたっくんは今このような関係でいるけど、こうなるまでにはお互いに迷いに迷って。
最初は「好き」って言葉も既婚者は言ってはいけないと思ってた。
お互いの気持ちを分かりあってから、遠距離の私達は毎日毎日メッセして。


最初は彼に好きって言ってもらえたことで満足したけど。
やっぱりもっともっとを求めたくなる。お互いに。
なかなか逢えないけど逢いたい。
でも逢ったらきっと止められなくなる。
暴走して家庭崩壊だってするかもしれない。
それなら逢うだけで一線は超えないことにする?とか(;´д`)
私は彼に「私達って不倫なの?不倫って言葉が嫌」と聞いたこともある。
彼は「俺たちは不倫じゃないよ。仲良しなの」と当時は言ってくれた。
ちなみに今は「俺たちは夫婦なの」と言ってくれる。
お互いの不安を毎日毎日メッセで話し合った。


でも結局大好きで離れられないという結論に達して。
だから一歩踏み出しました。
ここまで悩んで出した結論だから、踏み出したことに後悔なんかないし、戻るつもりもない。
ただ、踏み出すまでには相当な心の葛藤がありました。
そこは多分皆さんみんなそうなんじゃないかなと思う。


たっくんはそんな私たちの心の葛藤をスクショで保存してあったらしく(笑)
昨日、その画像を見せてもらいました。


*************************************


私「気持ちってさ、理性ではどうしようもないんだね。」
たっくん「うん。」
私「旦那には本当に申し訳ないと思ってる。多分私のこと、信頼してくれてる。だから干渉しないしね。」
たっくん「俺も嫁さんにすごく悪い気持ちがしてた」


*************************************


こんな内容のスクショでした。


ん~(;´д`)記憶なし(笑)
そしてたっくんも記憶なし(笑)
私達が踏み出すことに躊躇していたのは不倫という一般的には批判されることをする事だと思ってた。
まぁ心の葛藤は私もたっくんもあったんだなと。
人の記憶って曖昧なのね(;´д`)


ってかその時私、旦那に申し訳ないと思っていたのかと驚いた(;´д`)
そしてたっくんもトドに悪いと思っていたのかとヽ(`Д´)ノ


まぁそんな感情になるのは普通のことなんだろう(笑)


私、旦那の事は好きでもなんともないです。完全に空気。そしてうざい。いなくてもおけ。
二人目妊娠してから現在に至るまでレス。
子供もだいぶ大きくなり、会話は皆無。
一緒に出かけることもない。
私は私の趣味のことをして。旦那は旦那の趣味のことして。
ただの同居人ですね。
それでも旦那に悪いと思ったらしい(笑)


でも旦那とこんなだからたっくんに惹かれたわけではなく。
だって当時私はこの生活でこのまま一生を終えるんだと思っていたし。
結婚したのだからそれが当然なのかと。
だから私は趣味のことに没頭もしていました。今もだけど(*´∀`*)


こんな私を変えたのはたっくんに出逢ってしまったから。



友達として初めてたっくんに会って。一緒に食事して。メッセの中だけでもいいなぁって思っていたのが、現実としてこの人を好きという確信に変わって。


それはたっくんも同じで。


その後のメッセではお互いに「好き」って言えずに探り合っていたけど、たっくんが最初に「マリンのことが〇〇だよ」って言ってくれて。


「私も同じ気持ちだよ」って言って。←同じく好きと言ってはいけないと思っていたので同じ気持ちだと打った(*´▽`*)
たっくんは「嬉しい。今ね、すごく心があったかいの」
そう言ってくれた。
私もジーンと心があったかくなったことを今でも鮮明に思い出す。


それから沢山話し合って次に逢う時には夫婦として逢った。
ドキドキはしたけど、そこに迷いはなくて。早く逢いたい!そんな気持ち。
逢ってすぐにキスした。そしてたっくんからペアリングをはめてもらって。
彼は「結婚指輪のつもりで買ったんだよ」と言ってくれました。


あれから2月で2年になる。
毎日幸せだと言える。
そして後悔も全くしていない。
沢山泣いたりもした。
もう無理だと思うこともあった。 
でもどんなに楽になりたいと思っても、結局彼から離れることはできなくて。
付き合い始めも大好きだったけど、今はもっともっと大好きで愛している。
やっぱり私は彼と一緒になりたいと思う。
人生一度きりだから諦めたくない。
そんな気持ち。


だから。


不倫を推奨するわけではないけど、好きになってしまう気持ちは止めることはできなくて。
それを諦めようとしても多分死ぬまで諦められないんじゃないかなって思う。
それでいいのならいいけど。
そこまで大好きな人に出逢ってしまったのなら、もう進むしかないんじゃないかと。
せめてできることは、周りにバレないこと。これくらいか。


私が彼と逢うとき。
これは婚外恋愛をしている皆さんも勿論している事だけど。
家のことは完璧にしていく。
食事、掃除、その他全て。
それが礼儀なのかなと。
だから彼に逢っている時の罪悪感は全くない。
だってやることやってるもん(笑)


逢えない時だって、朝から寝るまでメッセに電話にビデオにしているけど。
ちゃんと家の事も子供の事も仕事もして。その上でたっくんとの時間を作っているから全く罪悪感はない(笑)
むしろ時間の使い方がすごく上手になったと(笑)


たった一度の人生で。
死ぬ時に後悔のない人生を歩みたいと思います。




このブログを読んでもらえるかはわからないけど、お二人が後悔のない選択ができたらいいなと思っています。