ずっと仲良し❤️

誰にも言えない事をこっそり綴っていこうと思います。

奇跡の3連泊デート♥ No2

そして3日目の朝。
前日が寝不足だったせいか、すごく深い眠りだったな~
ゆっくり7時過ぎに起きて。


「おはよ~」って言えるのってやっぱりいいな(*´∀`*)
朝ごはんを食べてから、しつこく愛の確認作業にうつる(笑)


この日もまだお泊りできるという気持ちの余裕とか、一緒にいられる幸せとか、何度も愛の確認しているせいなのか。
色んな要因があると思うのだけど、この時の愛の確認は自分でも驚くほどだった。


女性が達するっていうのはたっくんで経験済み。
1回の愛の確認中に何度も達するっていうのも経験済み。
今回はそれに加えて今回は、入れてないのに達する(笑)
ちょっと胸を触られただけで達する(笑)
敏感になりすぎた~


こんな事ってあるのかな(^_^;)
二人ですごく驚きました。


終わったあともしばし敏感になりすぎて動けず(;´д`)
やっと支度をして。
この日は二人にとってメインの日。
ずっと見たかったたっくんの学校や実家を見る。


泊まっていた場所からは結構遠くて、2時間弱くらいの道のり。
車でじゃがりこを食べながらのドライブは最高っ♪
遠距離の私達にはなかなかできないドライブだから♥


まずは中学校から。
野球部やテニス部の子達が活動していました。
全く変わっていないという校舎。
学校の周りのこの道を走ったっていうコース。
途中、よく行ったというお店。
近所のお友達の家。
車で案内してもらいました。


その後は小学校。
たっくんの頃は仮設校舎だったという部分は今は綺麗な校舎となって、グランドにあった遊具は今はなくなっているものもあったり。


巨大な団地の中にあるこの学校の周りには、たっくんの沢山の同級生達の家が。
私には全くわからないけど、「この家が〇〇君の家!この家が〇〇ちゃんの家!」って(笑)
同級生の家も二世帯住宅に変わっていたり、住人が変わっていたり。
二人で時代を感じつつ、たっくんの住んでいた実家に。


この家はすでに違う人が住んでいる。
でも当時のままらしく、
「家に帰ってきて玄関の鍵が掛かっているときは、この塀から二階の屋根によじ登って窓から入っていたんだ~」とか(笑)
玄関タイルがすごく昔風なのだけど、今も変わらずだったりとか。
私以上にたっくんが大興奮っ!
住人がいなくてよかった(笑)


この巨大な団地内にあるいくつかの公園にも行った。
昔と変わらないオブジェもあったり。


話を聞きながら、きっとたっくんの子供時代はすごくやんちゃで活発な子だったんだろうなぁ(*´∀`*)
当時のたっくん、みたかったなぁ♪


その後はちょっと離れた高校に。
偏差値を聞いてたっくんて・・・。頭いいのね(;´д`)と驚きました(笑)
スポーツなどとても盛んな学校みたいでした。
制服も昔と変わらずみたいで、じっくり観察♥
はぁ~!制服デートしたかったなぁ~♪


学校見学が終わって、その後は私が大好きな海に連れて行ってくれました。


天気が良くて、海には沢山のサーファーやウインドサーフィンの人達が。
手を繋いで砂浜を一緒に歩いたり、写真を撮ったり♥


ふと見るとすごくおしゃれなカフェが!!
海を眺めながらソファーに座って寛げるカフェ。
外だからとても気持ちいい。


たっくんは運転だったので、私だけビールを飲む(笑)
お昼がまだだったので軽くサンドイッチを食べながら。


本当に贅沢な空間。
まるで海外にいるみたいですごくテンション上がりました~(*´∀`*)


たっくんは「調べておいたんだよ!(^_^;)」と言ったけど。
多分このカフェまでは調べていなかっただろう(笑)
なんといっても調べものが苦手な彼だから。
でも海に連れて行ってくれるなんて思わなかったので、本当に嬉しかった。


記念日デートにふさわしい場所でした♥


その後はまた車で移動して。
日が沈んでくると気持ちまでどんよりしてくる。
最後の夜になっちゃうんだなぁ・・。って急に寂しくなってきて。
二人でしんみりと・゜・(ノД`)・゜・


でもまだ夜があるんだから!
一緒に飲んで楽しい時間にしようという話になり。


その日の夜は二人でシャンパンとケーキを食べて。


昼間行った海で、たっくんがこっそり貝殻を拾ってくれていて。
それを出してきたたっくん。
2個あったので一つづつ持っていられるね(*´∀`*)
この貝殻を見たら、この日のことが鮮明に思い出せる。
本当にありがとう(*´∀`*)


そして2年間の楽しかった想い出話しや、これから先行きたい所をピックアップしたりして。
そして、これからもずっとずっと仲良しでいようねって約束して。
心に残った夜でした。


あっ、愛の確認もバッチリと(笑)
最後は酔って二人で寝落ち(笑)


本当に思い出になる一日だったなぁ。



長くなったのでつづく