ずっと仲良し❤️

誰にも言えない事をこっそり綴っていこうと思います。

3週間ぶりの趣味お泊りデート

いい子にしていようと思いながら、逢えない期間に大騒ぎしてしまったりしましたが、ようやくたっくんに逢ってきました♥


お互いの中間地点で待ち合わせ。
今回は私は約200キロ車で走りました。


前日は楽しみすぎて何度も夜中に目が覚めて・・・。


やっと朝になり。
5時に起きる(笑)


家のことをして出発~♪


たっくんと電話でお話しながら現地に向かう時間も楽しい。
しゃべり続けて笑い続けて現地に到着したのは同時だった~♪


それから趣味活動をして。
このあたりは全部割愛(笑)
本当は詳しく書きたいんだけどなぁ。
危機管理は大事だから。


彼との時間はすごく幸せで。


翌朝目が覚めたとき、彼の寝姿をしみじみ眺めた。


かわいいなぁ~
私ってなんでこの人が好きなんだろう。


しばし考えてみる。


理由はなかった(笑)
結局この人全てが好きなんだって事で納得。


写真を撮ろうと思ったけど、かわいい寝姿はこの目に焼き付けておこうと撮りませんでした。


本当に不思議なのだけど。


彼の寝ている姿を見ると必ず父の事を思い出す。
もう他界してしまった父。
父と彼は全く似ていないのに不思議と父の事を思い出す。
それはなんとも懐かしく思う感覚で。
あったかい気持ちになる。
不思議な感覚。


その後、二度寝した私の上に乗っかってくるたっくん(笑)
おはようのキスをして♥ (〃▽〃)
一緒に朝を迎えることの幸せを噛みしめる。


翌日。実は私はまた蜂に刺されるという失態・゜・(ノД`)・゜・
刺された瞬間に「ギャー(;゚Д゚)!」と大騒ぎする私。
「痛い痛い」って大騒ぎして(;´Д`)


「痛いことしないで!」と暴れる私をなだめて適切な処置をしてくれました。
お陰で最低限の腫れと痛みで済んだ。
処置をしてくれる彼を見て思う。


本当に素敵だな。いつも冷静で。いつも私を想ってくれて。大事に大事にしてくれる。
絶対彼を離さないって。




二人のお泊りデートはあっという間に終わりの時間。
次に逢えるのはまた3週間後。
お互いいい子で頑張ろうねと笑顔でバイバイして。


いつものように右と左に分かれて私達は現実の世界に戻っていく。


帰りも家に着くまで電話をしながら。
よく話しが尽きないなぁと(*´∀`*)



*************************************


そしてそれぞれの家に帰り。
いつものように楽しかったお泊りデートのアルバムを眺める。
そこに映る二人の笑顔。
景色。
1回のお泊りデートで20~30枚くらいづつ撮る写真。
どの写真を見ても全てがキラキラで。


はぁ。
もう逢いたいよ(´;ω;`)


私「ねぇ。愛してるかな?私だけかな?」
たっくん「なんでそんなこと言うの?勿論愛してる♥」
私「だってね、もう逢いたいよ」
たっくん「俺だって同じ。逢いたいよ。」
私「このギャップが辛い」
たっくん「そうだね。幸せだった。現実に引き戻された感がやだ。
マリンの感触が残ってる。
マリンとね、初めて結ばれたとき、たっくんが中にいる感触が残っているとマリンが言ったんだ。
嬉しかったな。」


そんなメッセをして。


いつものビデオ通話。


ちょっと前まで彼の隣に当たり前のようにいられて。
当たり前のように触れていた彼は今は携帯の向こうにいる。


・゜・(ノД`)・゜・


彼の顔を見たら泣いてしまいました。
急に寂しくて寂しくて。
逢いたくて逢いたくて。
もう一度前日のデートからやり直したい。


たっくんに優しくなだめてもらって。
溢れる涙を拭って。
自分で拭うしかない涙。
早く貴方に触れたいよ。


でも最後は笑顔でおやすみしました。


次に逢うのは本当は2泊を計画していました。
でも私の都合により1泊に(´;ω;`)
もう少し。今の私は家の都合により自由にできない。
私は母という役割もある。そこはきちんとしないとね。
それでもこうしてお泊りも毎月しているのだから、だいぶ自由ではあるのだけど。
上を見たらキリがなくて。
もっと一緒にいたい。
一泊だと短すぎるって思っちゃう。


たっくん。
もう少し待っててね。
一年後にはもっと私は家を空けられるようになるからね(*´∀`*)


逢えない時間。
今度こそいい子で過ごすから。
たっくん♥大好き(*´д`*)