ずっと仲良し❤️

誰にも言えない事をこっそり綴っていこうと思います。

朝から頑張った私

昨日の夜、たっくんとのビデオ通話。
今、車に乗れない彼は不安のピークになっている。


彼の不安気な顔を見て、すごい心配な私。


今週逢う予定だけど、しっかり彼を癒せるのだろうかと感じたくらいに不安そうなたっくんでした。


今朝。
たっくんからのメッセージが入っていました。


「おはよう!全然寝れなかった(´;ω;`)。あのあと知り合いに相談したら、今週土曜日に時間作ってくれると言ってくれたが。
その日はマリンと逢う日だから断ったよ。」


というような内容のメッセージでした。


私「おはよう!どうする?」
たっくん「ん?土曜日はマリンだ。断った」
私「土曜日、いいの?なんだかどうしていいのかわからないよ(´;ω;`) 知り合いがせっかく土曜日空いているのに。チャンスなのに。」
たっくん「仕方ないよ。日が合わなかった」
私「ほんとにいいの?気が引けるよ」
たっくん「なんかさ、寝れなくて(´;ω;`)」
私「うん。わかる。せっかくのチャンス!私と逢っても気もそぞろになる。」
たっくん「二人共楽しみにしてたのに。しかも一年記念。」
私「うん。でも、私がたっくんの背中押してあげないといけないんだ。大人だから。
土曜日知り合いに合ってきて相談に乗ってもらって欲しい」
たっくん「本当にマリンに申し訳なくて。胸が詰まる。マリンを泣かせたくない。」
私「大丈夫。」
たっくん「マリンの大丈夫はどういう意味かわかってる。(;_;)」


本当はたっくんに逢って沢山癒してあげて、一年記念したいという気持ちがある。
いや、本当はたっくんに甘えたくて甘えたくて仕方ない自分がいる。


でもこんなに不安な彼をスルーして逢いたいだなんて言えなくて。
私が我慢すれば、たっくんは知り合いにいろいろアドバイスもらって相談できて、きっと自信につながるの、わかる。


ホント、頑張った私。・゜・(ノД`)・゜・


朝から逢えないと決まった事実に涙が出ました。


ん?ちょっとまて!


私「たっくん、夜でもいいから逢える?電車で来れる?」
たっくん「おお!行く行く!少し遅くなっちゃうかもしれないけど行く!」
私「ちゃんと最寄駅までお迎え行くから。やっぱり逢いたいよ。たっくん来るまで一人で趣味のことしてるから。」
たっくん「そうしてもいい?」
私「うん。そうしてよ」
たっくん「ほんとにごめんね。夜はハッスルする!マリンの想い、嬉しいよ(;_;)
しっかり返すから。 マリンに支えてもらいたい。
マリン、あいしてる。心から(´;ω;`)」


ということで、土曜日は私が家のことがうまくいったら夜からたっくん趣味デート参加になります。
もし、私が家のことうまくいかなかったら、私の住む街までたっくん夜来てくれます。


時間は減ってしまったけど、今の私たちができる最善の方法かな。
それでも逢いたいよ。


付き合っていれば、いいこともあるし、辛いこともある。
逢いやすい時もあるし、逢いにくい時もある。
幸せなこともあるし、落ち込むこともある。


ホント、いろんなことが次々に起こるなぁ。
でも、一つ一つ解決しながら二人で前を見て歩いて行きたいな。


後で振り返ってこの時の判断や気持ちは間違っていなかったなって思いたい。
今は、たっくんをしっかり支えて応援することが私のするべきこと。


あと二日でたっくんに逢える。 夜だけど(;´д`)
でもいい!逢いたいよ。