ずっと仲良し❤️

誰にも言えない事をこっそり綴っていこうと思います。

私たちの隙間時間

今週のたっくんは、お仕事大忙しです。
さらに夜は飲み会も何回かあるみたいだし、ほんとにお疲れ様。


今朝のいつもの時間の電話。
毎朝私の通勤時間に合わせてたっくんが電話をくれます。


今日はたっくんは打ち合わせのために朝から直行で。
ホントは私の出勤時間にはちょうど電車に乗っている時間帯。


朝は電話厳しいかなって思っていました。


そしたらいつもどおりに電話♥


私「おはよ!今どこ?」
たっくん「もうね、最寄りの駅に着いた。」


そう。私に電話できるように早めに家を出て早く最寄駅に到着してから電話をくれたのです。


少しお話して。
たっくん、喫茶店でコーヒーでも飲むねって電話を切りました。


今日の朝電話終わりだと思っていたら・・・


今度はビデオ通話がなる!
ん??


ビデオに出てみるとたっくん♥


周囲は人だらけだけどビデオ通話してきました。
さすがにたっくんは声を発することができないけど、目で会話♥
そして投げキッスをくれるたっくん。


たっくんはイヤホンをつけていたので、私の声は聞こえる。
だからたっくん笑わせてあげました(*´∀`*)


一人なのに怪しいたっくん。
でもそんな隙間時間を作ってくれるたっくんが好き。
愛を囁いてくれるわけではなくても彼の笑顔が見れて、表情で彼の気持ちがわかる。


隙間時間ってふと暇になった時が隙間時間なのではない。
隙間時間は自分で作るもの。


つくろうと思えば会社のトイレの中だって、電車やバスに乗るちょっとした時間だって隙間時間になる。
タバコ吸う少しの時間だって、コーヒー飲む時間だってそう。
考えてみたらちょっとした隙間時間って一日の中で結構存在している。


「隙間時間は見つけるのではなくて作るものなんだよ。」


たっくんはそう教えてくれました。


たっくん「俺はね、義務でしてないの。マリンの声が聞きたいの。だから隙間時間をつくるんだよ」


泣けるっ(´;ω;`)


私も今電話できる!とか、あと30分後に会社でるよ!っていつもメッセージで伝えてる。


一人になれは「一人だよぉ!電話~」っていれる。


大好きな人の声はいつでも聞きたい。
大好きな人の顔はいつでも見たい。


私たちは隙間時間、毎日毎日一生懸命作っています(/ω\*)
毎日必死だ(^_^;)


多分今日の夕方1分電話して。
夜、たっくんが飲み会終わってバスに乗る少しの時間でビデオ通話。


少しの隙間も見逃さないぞ♥


たっくん(ノ=´∀`=)ノLOVE♪♥