ずっと仲良し❤️

誰にも言えない事をこっそり綴っていこうと思います。

3日間デート♥3日目♥

そして3日目。
この日はたっくんは完全オフ。
私のために一日長く滞在してくれた。
ありがとね♥


朝、家のことをさっさと終わらせて8時過ぎにたっくんをお迎えに!
車にたっくんを乗せて出発♪


なるべく私の作ったものを食べて欲しかったので、朝ごはんにおにぎりも作っていった。
「美味しい~」ってぺろりと食べてくれてうれしかったな(*´∀`*)


今回はしたかったことがあったのでそれを一日楽しみました♥(危機管理上詳しく書けず)


たっくんはお仕事で疲れていたと思うけど、すごく楽しんでくれて、リラックス出来た~!癒された~!って喜んでくれた。
私はね、側に貴方がいるだけで幸せなんだ(*´∀`*)


あっという間に一日が終わり、たっくんの新幹線の時間。
駅までたっくんをお見送り。


何度もお見送りしているけど、見送る方が本当に辛い。
駅のホームでたっくんはいつも沢山の愛の言葉をくれる。
そして人の目を盗んでキスも沢山してくれる。


とうとう新幹線が来てしまい(;_;)
いつもの最後の儀式。


最後に乗り込むときキスをして乗り込む。


口パクで「あいしてる」ってお互いに言い合う。


口パクで「ダイスキ」ってお互いに言い合う。


そして新幹線のドアが閉まり。
ここは笑顔で手を振り合う私達。
ついでに投げキッスまでして(笑)


そして新幹線はたっくんを乗せて行ってしまった。
ホームに私一人残されて(;_;)
これもいつもの事。


トボトボ私は車に向かう。


車に乗って「はぁ~」ってため息。
まずはたっくんにメッセを送る。


私「わーん(;_;) 大好き♥本当にありがとう。気をつけて帰ってね」
たっくん「いつもありがとね。愛してる♥マリンも気をつけて帰るんだよ」


家に帰る前に指輪をつけかえる瞬間が現実に戻る時。
こんな指輪いらない。捨てたい。
たっくんとの指輪を付けていたいっていつも思う。


それから車を走らせて、気持ちの整理をしながら家に向かう。


あと何回この切ない気持ちを味わうのかな。(;_;)


家に帰って
私「ただいま~」
たっくん「今〇〇駅」
私「本当に沢山時間をくれてありがとう。いつも帰るの遅くなってしまってごめんなさい。 疲れちゃうね(;_;)」
たっくん「大丈夫!愛があるから!♥」
私「(´;ω;`)」
たっくん「大好き♥」
私「私も大好き♥」
たっくん「これからもっと幸せにするからね」
私「私も幸せにするよ」


これ以上の幸せってなんだろう。
私はたっくんと一緒になりたい。
それが私にとってこれ以上の幸せだし、それ以外考えられない。


たっくん。いつか・・・いつか本当に一緒になろうね。約束。


****************************************


こうしてあっという間に3日間デートが終了しました。
毎日逢えるってこういう感じなんだ。
すごい幸せだったな。
尽きることのない会話と幸せの波。
逢うたびに大好きになる。


こんなに人を愛することができて幸せ。
この先辛い事もあると思うけど、きっと乗り越えられる。


たっくんが帰ってしまった夜。
数時間前は一緒にいたのに、今は隣にいなくて。
おやすみビデオは欠かさないのでしたのだけど。


すごく遠く感じた。(´;ω;`)


もう充電切れそう(;´д`)
でも大丈夫!!
またすぐ逢えるから!!


またいい子で毎日過ごしたいと思います(*´∀`*)