ずっと仲良し❤️

誰にも言えない事をこっそり綴っていこうと思います。

久々の凹み体験(;´д`)

最近ずっと安定している私達。
私達というよりも、たっくんはいつも安定していますが(笑)


そんな私が久しぶりに凹みました。


事の始まりはいつもしているおやすみビデオでの話し。
何かの話しからトドの話になり。
私「もう~ヽ(`Д´)ノトドなんか居なくなればいいのにっ!」
たっくん「だな!ん?でも明日の朝は必要だわ(笑)」


そう。翌日の朝、奴に最寄駅まで送ってもらう事になっていたのです。
たっくんは、運転手として必要だと言ったのだけど、私にはこう聞こえました。


「俺にはトドが必要だ。だからいなくなられたら困る」と(´;ω;`)


そこから険悪ムードになる私。
そのまま「もう寝る」と言って。
いつもの「愛してる♥」も言わずにビデオ切りました。


そして寝るときのお休みメッセ。
私「ケッ!運転手さんと仲良くどうぞ!!おやすみ」
たっくん「仲良くなんかするか! おやすみ」


いつもなら「おやすみ♥愛してるよ♥」ってやりとりだけど、そんな事言いたくなかった。


翌朝。
たっくん「おは~」
私「おはー」
たっくん「花粉飛んでる(´Д`;)」
私「仕方ないね」←あくまでも冷たい人
たっくん「いってきま~ 愛してる♥」
私「いってらー 愛しているのは運転手さんかしら」
たっくん「マリンです!」
私「かなり昨日の言葉に傷ついた。どんな形であれ、必要なのねと。」
たっくん「ずっと必要とかじゃなく、今朝は送ってもらう必要があるってことはわかってるでしょ?」
私 そこにはスルーして「いってきまー」


そして朝の電話。
今朝の気温などについて軽くお話。
朝っぱらから揉めたくないのでお互いなるべく普通に。


そして電話を切る時に
たっくん「愛してるよ♥」
私「ホントかなぁ。」
たっくん「マリンだけが大好きで愛してるの。信じてね。」
結局私からの「愛してる」は言いませんでした。
基本、愛してるって言葉は毎日言いまくっているのだけど、合言葉ではなくて気持ちが落ちている時などは言わない。
言葉に出すときは本当に愛してるって自信をもって言えるときだけ。


仕事中。
たっくん「はぁ。愛してるって言ってもらえないって辛い(´;ω;`)」


だって・・・。嫌だったんだもん。
今この生活の中で、トドはやっぱり必要な存在なんだって改めて思ったから。
例え運転手としてでも、飯炊き婆さんとしてでも、やっぱり必要な人材なんだなって。


くっそ~ヽ(`Д´)ノ


最近ずっと心穏やかだったから、たっくんにも言った事がある。
私「毎年恒例の家族旅行。トドも行くなら行っていいよ。我慢できそうな気がする」
たっくん「マジで?マリン毎日泣いていそうだけど。」
私「子供もさ、家族との思い出も欲しいんじゃない?
家族旅行なんてあと1.2回くらいしか行けないじゃん。だから許す。」


去年は私が泣くのを懸念して、彼はトドを置いて旅行に行ってくれた。
おかげで穏やかでいられたのだけど。
私も一応大人だし。
少しくらい我慢できると思っていたけど・・・


無理だっ!!
トドがたっくんを駅まで乗せるだけでもこんなに動揺しとる!!
家族旅行なんかに行かれたら、きっと死亡する(;_;)


後で撤回しておこうっと(笑)


それにつけてもたっくんが凹み始めたので
私「ごめんね。愛しているんだよ」
たっくん「うんうん。わかっているんだけど。やっぱり言葉が欲しい。お互いにね。」
私「そうだよね。でも今朝は言いたくなかった」


それからだんだん通常モードに変わり。
夕方の電話をして。
電話を切る時にたっくん「愛してますが・・・」とオドオドと言うあたりがかわいい(笑)
私「愛してるよ♥」
と私が言ったらとっても喜んでくれました(*´∀`*)


心の中ではトドに対して悔しい気持ちでいっぱい。
だって私にできないことを奴はできるんだもん。
奴が喜んでしているとは思えないけど。
同じ土俵に上がれない私。


でも、トドはたっくんに「愛しているよ」なんて言われるわけもなく。
一緒に住んでいても会話もないし目も合わさないし。
それなら愛されている私の方が幸せ。
一緒に住んでいなくても、私だけを見つめてくれるもん!



たっくんの心は私のもの。
今はトドは家政婦なんだと思ってやり過ごすしかない。
私だって家政婦みたいなもんだ。
そう。お互い様。(;_;)


そう思って通常モードに切り替えました。


いつも仲良し♥(*´∀`*)
ずっと仲良し♥(*´∀`*)
愛してるよ♥