ずっと仲良し❤️

誰にも言えない事をこっそり綴っていこうと思います。

一緒になろうねって…

久しぶりにメソメソしました😰


最近心掛けてること。
それは遠い未来を見過ぎないということ。
毎日毎日のたっくんとの繋がりがあってこその未来。
だから、現実に今不安になっても意味がない。


自分でもそれで納得していた。いや、つもりだったのかな。


******************************


昨日のたっくんとの何気ないメッセ。


冗談の話でたっくんが私に言った。
「将来養ってー」って。
私「やだ!」


私「たっくん!将来養ってー」
たっくん「やだ!」


ここまではお互い様。


なのにたっくんは追い討ちをかけるように
「無理!」って。


は?無理って何よ。カチンとくる私。


私「現状ブーちゃんを養ってるくせに」
たっくん「ぷぷぷ」⇦冗談だとはわかる。


でも、無理って言わなくてもよくないか?
なんか悲しくなってしまった。


私「わかりました」


そこから二時間ほどメッセは打ちませんでした。
(平日昼間以外は二時間もあける事はないです)


ここで感情のままに打ってはいけない。
ちゃんと落ち着こう。


彼は冗談で言っているんだ。
ただ、私は「無理」って言う彼の言葉の中に、ブーちゃんと子供は養うけど、私は無理って変換してしまう。
別に本当に彼に養ってもらおうだなんて思ってない。
私は贅沢できなくても自分で生きていくくらいの収入は頑張って確保するもん。
でも…。そんなあからさまに言わなくてもいいんじゃない?


この話題はこれっきりにしよう。
言葉に出すと絶対揉めるから。
そう思って全く違う話題をメッセした私。


以前の私ならもうすでに大爆発だったけど、ちょっと大人に(笑)


そのメッセを待っていたかのように彼からすぐ返信。


たっくん「養う発言はNGだったね。ごめんね」って。
私「違うよ。それは全然いい。私が辛くなったのは、たっくんが無理って言ったから。
ブーちゃんは養うけど、私は無理なんだなって現実を改めて知った感じかな」


結局言ってしまう💦
まだまだですね。


たっくん「子供は養ってる。ブーちゃんはなんかいる💦マリンはちょっと違う感じで捉えてる」


私「私ね、ここのところは遠い未来をあまり具体的に考えないようにしてた。今日幸せならそれでいいって。
たっくんとのこの先ずっと離れる事はないんだと思ってる。
うん。これは確実に。
でも一緒に生活することもないかもしれないな、とも思ってる。
でもね、それでもいいの。私はたっくんとずっと繋がっていたい。どちらかが死ぬまで。」
たっくん「家の事だよね。(危機管理のため省略)
でも、俺はマリンと一緒になろうねって約束、絶対叶えたいって思ってる。いつも言いたくても言えないんだけど」


私は期待させないで欲しいと、期待させる言葉は一切言わないでって彼に言ってあります。
それから彼は将来一緒になるっていう言葉はほとんど口にしません。


私「言って」
たっくん「うんうん。言いたいの。言ってもいい?
マリン。将来必ず一緒になろう。これは宿命だから。俺はマリンがいないと生きていけない。無理なの。俺は今も昔も変わらず同じ考えだよ。
マリンと一緒になろうねってこと。」
私「ありがとうT^T」ここで号泣💦


改めてはっきりと言葉にしてくれてありがとう😊
もしね、一緒になれなかったとしても私は後悔しない。
私達が一緒になれるには沢山のハードルがある。
私より彼の方が大変な事、わかってる。
だからね、今みたいに一緒に繋がっていられるならそれでいいの。どちらか死ぬまで繋がっていたいと思う。
つい、予防線張ってしまう私だけど。
そりゃね、私はたっくんと一緒になりたい。
でも。
大丈夫だよ😊


たっくんは変わらず私と一緒になろうと思ってくれている。
目の前のハードルがとても高いけど諦めてはない。


たっくんのその言葉を聞くと、ついつい泣いてしまう私。
とても大きなあったかな心に包まれてる気持ち。


たっくん「マリンがさ、週末全然平気だという意味をずっと考えてた。
マリンは自分が納得するしかないって思ってるんだよね?」


そっか。あれだけ大騒ぎしていた週末がここのところずっと穏やかで静かにしてる。
彼に訳を聞かれて「週末は全然平気になったの」って言ってあった。
なんでだろう?って考えていてくれたんだね。


私「うん。そうだね。その通り。寂しいって泣いた事も沢山あった。でもいい事何もない。
泣いても逢えないその時間はさ、自分のために使おうって思った。たっくんはちゃんと私の所に戻ってくるもん。だからね、本当に意外と穏やかなんだよ。これは本当。」


たっくん「マリンが昨日幸せって思った事を、この先ずっとマリンにそれ以上の幸せをあげたいって思ってる。マリンの笑顔がみたいんだ。
マリンの笑顔を見れるだけで俺は幸せなんだ」


(´;ω;`)


私もたっくんの笑顔がみたい。二人でお腹抱えて笑ったり。そんな二人でいたいの。


だからこそ、将来本当に一緒になれるのかどうかを考えすぎてもいい事なくて。
そのときが来たらなれると思うし、なれなくてもこうしてずっと一緒に繋がっている。
以前の私は一緒になれなかったら・・・とかすぐ考えてしまって。
それを考え始めると、どうしても悪い方に悪い方に考えてしまう。


でもたっくん。勘違いしないでね。


私はたっくんと一緒になるということを諦めているわけではないってこと。
ドラマの黄昏流星群のように、最高の結末になれるよう今日も明日もたっくんを愛するの。
本当に宿命だったらきっと、私達は一緒になれる。


うん。絶対。


その日。沢山メッセをしてビデオして、いつも通りのおやすみして。


寝るとき彼が打ってくれたメッセ。


「マリン。絶対に絶対に一緒になろう!宿命だからね!マリンを愛してる」


(´;ω;`)


久しぶりに泣いちゃったなぁ。
最初はシュンとしたけど、最後は心があったかくて。
たっくん、ありがとう。


だからもう元気です(*´∀`*)
いつもと変わらずたっくんと電話してメッセして。
変わらない二人♥


*******************************


もうすぐクリスマス♥
私たちにとっては三回目のクリスマス。
まだ最低限の準備しかしていなくて(^_^;)
お手紙書いたり、サプライズプレゼントも買わないと(^_^;)
ってか何にしよう(^_^;)


昨日はたっくんが私にサプライズする予定だったプレゼントを当ててしまった私(;´Д`)
サプライズの予定だったら、購入したことを言わないでくれよ~(笑)


でも、こうしてワクワクさせてくれるクリスマス。
今年もたっくんとサンタコスして盛り上がろうね(*´∀`*)