ずっと仲良し❤️

誰にも言えない事をこっそり綴っていこうと思います。

彼の嫉妬

たっくんを怒らせてしまった。


趣味活動のことで。


詳しくは書けませんが私の配慮のなさのせいで、彼は傷ついてしまいました。


いつもの夜ビデオ。
約束の時間に合わせて準備する私。


彼から届いているメッセをみる。


たっくん「今日はビデオしない。おやすみ」

ええーーーっ😱😱


私「やだ!顔見たい。ちゃんと話ししたい。」


云々


色々メッセいれたけど、未読のまま。
本当にビデオしないの?
たっくん。
もう私に呆れた?


一時間待つ。

やっぱり未読のまま。


私「私からはもうメッセしないね。たっくんからのメッセが来るまで待ってるから」


そこからさらに一時間半。


私の軽はずみな発言を後悔したり。
このまま終わるのかなって思ったり。
二人のアルバムを全部見返してみたり。


放置されることの辛さを知りました。

そして何度も何度も読まれることのないメッセを開く私。


あっ!メッセ来てる!

でもその内容は彼が私に呆れたこと。
私は今後も趣味活動の考え方が変わらない。
その場は変えてもそれは本心ではない。ただたっくんの機嫌をとるだけだということ。
もう、趣味活動については何も言わない。


と、そんな内容でした。


ここまで書かれて何も言えないよ。私は。


それからお互いの気持ちをメッセで送りあい。


彼は私がみんなで趣味活動することに嫉妬している。
それは前からわかっていたこと。
仲間と出掛けると毎回大騒ぎになる。
何で行くの?って言われる。


わかってる。男性が多いから。


だから私も相当我慢して、数を絞ってるつもり。


私だってたっくんの家族の事とか、ずっと我慢してる。
最近はもう嫉妬する事も少なくなったけど。
ここまで来るのにどれだけ泣いたか。
その度にたっくんは私に「我慢してもらうしかない」って言っていた。


それならたまにはたっくんも我慢してよ!という私の本心も話した。


お互いの気持ちをぶつけ合って。


彼は「マリンが好きすぎて気が狂いそうになる。
ごめんね。ちっちゃい男で。」


お互いに言い合って。


そして最後は私の我儘を認めてくれてありがとう。
私も配慮が足りなくてごめんなさい。


それから。
私は彼にお願いをした。


今後、何があっても放置だけはやめてほしい。
あんなに辛いだなんて…。
いくらメッセ入れても一方通行で。
怖かった。


その思いも伝えた。


彼は
ごめんね。頭に血が上って。同時にすごい落ちて…。冷静になるまで時間が必要だった。
でも今後はあんなメッセの終わり方はしないから。
約束。
ちゃんと話そうね。


(´;ω;`)


ようやくここまで辿りつきました(;´Д`)


おかげで寝不足・・・。
お互いに(^_^;)


私は全てを彼に合わせることは正直できないし、したくない。
彼一色になって彼色に染まるという考えもない。
私らしくいたいと思うし、やりたいことはどうしてもやりたいと思う。


そしてこんな面倒くさい私を、認めて愛してほしいと思っている。


私も彼を愛している。愛しているのは彼だけ。
たとえ嫉妬することがあっても、心は私だけを見ていてくれるって思っているから我慢もする。



だからお互いに妥協点を見つけて擦り合せていくしかない。
それを認めてくれてありがとう。
頑固でごめんね。
可愛くない彼女でごめんなさい。


お互いに我慢も必要。
相手をしっかり信じることが必要。
私はまだまだ信じてもらえていないんだなぁって今回改めて感じました。


だからたっくんに心から私を信じてもらえるように、また今日から進んで行こうと思います。


そしてたっくんを不安にさせないようにすることも、私の大事な役割。
いつもたっくんに守られてばかりだから。


たっくん。
私も頑張るからね。 
発言にも注意する。
だから改めて今日からよろしくお願いします。